「ほっ」と。キャンペーン

震災と私とアメリカ人たち―3月19日ーバカルディ&コーク

いつもとは違う雰囲気の中で、いつものように働いていた。
震災の影響で客がごっそり減ってしまった東京都内にあるホテルはとても静かで、朝食の時間が終わるとほとんど客はいなかった。
今日は終わったら映画を見に行きたいなぁ、なんてことを考えていた。
11時を少し過ぎた頃だった。 
「チリンチリン」
ドアが開く時、上部に付けた鈴がこの音を鳴らす。

誰か来た。

バックパックとさらに、もうひとつ大きなボストンバックを持った、アメリカ人らしき男性が、白い歯をちらつかせながら入ってきた。
こんがり日焼けした顔から、その白い歯がよく目立っていた。
その風貌から、ただの観光客じゃないことは一目瞭然だった。
午前中に今日のチェックインリストを確認したけど、外国人の名前はない、おそらく飛び入りの客だ。
この人はもしかしたら、震災で被害を負った日本を助けに来た救世主かもしれない。
そんなことを考えながら、チェックインの手続きを済ませた。
(もしかしたらこの時すでに、僕の頭の中では、この人は日本を救う救世主だと決めつけていたかもしれない)
そんな妄想をしていたものだから、まだ清掃が終わっていない部屋に入れてしまうという失敗をしてしまった。
部屋の準備ができるまで荷物は荷物置き場に置いても構わないことをつげると、彼はホテルの一階にあるカフェへ向かった。
しばらくすると彼はフロントにいる僕の方に近づいてきた。

テッド「ガソリンを入れる携行缶が100個くらい欲しいんだけど、どこで手に入るか知ってる?この辺でそういうのを売ってる店があれば教えてほしいな」

突然のリクエストに、僕はほとんど困惑した。
何のために必要なのか、そもそも携行缶って何だ?それを聞く必要があった。
ついに彼の正体が分かった。

名前はテッド。
アメリカで石油卸売業を営む傍ら、災害で被害を受けた場所に無料で燃料を配る活動をするNGO団体Fuel Relief Fundの代表をつとめている。
今まで、ハイチやカトリーナ等の災害援助の経験がある。
今回は日本の東北関東大震災のことを聞きつけ、単身で日本に乗り込んできた。
ガソリンを被災地にもっていき配りたいらいし。

やっぱり、おもった通りだった。

彼の正体も分かったところで、携行缶を手に入れられそうな心当たりがある場所をあたってみた。
結果は全滅。
どこも売り切れだった。
全滅だったことをテッドにつげると、ショックを受けたような表情をした。

少し間があって、次のリクエストが来た。

テッド「トラックと運転手が必要なんだけど、何か心あたりはないかな?」

じょじょに、質問は難しくなっていった。
でもまだ僕には心あたりがあった。
普段は、入谷で宿を経営しているが、今回の震災にともない支援活動をしているという人が知り合いにいた。
名前をHさんという。
以前Hさんに電話をしたときに、ハイエースとトラックがあるということを聞いていた。
もしかしたらという思いで、ダメもとで電話してみた。
タイミング悪く、出発直前だったため、ほとんど話しをすることができないまま終わってしまった。
相手のことを考えずに、いきなり電話してしまった自分を責めた。
でもこのままでは終われない。
僕はなんとしてでもこの人の力になりたい、この人がここで活動できるようにするための手助けをしたい。
いつのまにか、僕は、そんなことを考えるようになっていた。

ふとHさんは事務所を借りたと言っていたのを思い出した。
そこのスタッフと連絡をとって話しを聞いてもらうことを試みた。
考えはうまくいき、その日の夜に事務所で会ってもらえることになった。
入谷にある事務所で待ち合わせることにして、いったんテッドと別れた。
20:00に予定していたが、テッドは10分くらい遅れてきた。
ガラス張りで、外から中が見えるようになっている事務所にて、初ミーティングが行われた。
僕のつたない通訳で、どれだけ理解しあえたのかが気になるところだが、事務所のスタッフは僕たちの意見に好意を抱いてくれた(このころからすでに、テッドと僕は、チームだという意識が生まれていた)。
トラック、携行缶、運転手の件で具体的に話しは進まなかったけど、次の日にHさんと直接話しができるということになり、次のステップにつなげることはできた。
小一時間くらいのミーティングが終わり、事務所近くの宿兼バーに行った。
それはHさんが経営している宿である。
バーのカウンターで一息つくと、ビショビショになった脇が、初めての通訳で緊張していたことを教えてくれた。
宿には数人お客さんがいて、その中に1人、白人がいた。名前はトッド。
彼も日本に災害支援のためにきた1人だった。
このトッドとこれから長い付き合いになるとは、その時これっぽっちも思ってなくて、ただ僕は、慣れない通訳が終わってホッとしていただけだった。
テッドはラムコークを一杯飲みほし、次にバカルディ&コークにいった。
ダブルのそれを飲んだテッドは明らかに酔っぱらっていた。
日本についてから考え事をしすぎて平均睡眠時間が3時間だと言った。
それはテッドがアメリカからはるばるやってきたことを改めて感じさせた。

第一日目 終
[PR]
by nagatashikohjo | 2011-03-29 13:44 | ヤマモトシコージョ


東京都墨田区にある工場の2階に住んでいます。


by nagatashikohjo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

この場所について
日々
お知らせ
ヤマモトシコージョ
momo

以前の記事

2013年 03月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

お気に入りブログ

メモ帳

タグ

人気ジャンル

最新の記事

「震災と僕とアメリカ人たち」..
at 2013-03-11 12:04
震災と僕とアメリカ人たちー3..
at 2013-03-09 23:33
震災と僕とアメリカ人たちー3..
at 2013-03-08 19:41
■ナガタシコージョのブログです。
at 2012-12-31 02:21
えひめから。
at 2012-08-30 23:58

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧